華々しい環境提案の陰で…

By admin on 6月 21st, 2012

いまだ売れない私のマンション・・・。

だけど、何も話が来ないわけではない。希望は捨てない。

というわけで、 今回は気分を変えて別のお話。

市内から私鉄電車で30分のところにできる新しいマンションができるということで、小・中学生の二人の兄弟を持つ友人が現地見学会へ行くことになりました。

自分のマンションと比べたくて、私も一緒に参加しました。もともと埋め立て地というだけあって、かなり広い敷地に、3棟のマンションが建つことになります。自走式の駐車場と駐輪場のスペースがあり、建物と建物の間には広い公開緑地が作られます。マンションとは別に、3階建の共用建物があり、そこには、学校帰りに自習できるルーム、トレーニングルーム、100人収容できるホール、アイランドキッチンが備わっているキッチンのある部屋、防音設備を施しているスタジオがあり、屋外にはウッドデッキが作られ、屋外パーティーができるようになっています。つまり、公民館レベルの共用施設棟が備わっています。3棟全ての分譲戸数は330戸で、そこには、マンションが作られるというのでなく、新しい街並みが作られるという印象です。

マンションは全戸南向きで、海に面しています。現地見学会で、モデルルームを見学しながら、営業マンの説明を聞いていると、理想的な住環境に心が揺り動かされます。

では、このマンションに不便な個所、欠けている環境はないのか、私は少し意地悪な視点で、この物件を見ることにしました。敷地全体が広く、公開緑地も広くとっているため、家族が夜遅く帰宅する場合に大丈夫かと思うこと、それに、オーシャンビューの環境が家電や建物全体に与える影響も考えました。それに、一番の心配は、埋め立て地ということで、地盤沈下と地震の時の液状化の心配です。

調べてみると、近隣の分譲住宅では、埋め立てから30年以上経つのに未だ、地盤沈下が収まっていないという問題を抱えていることが分かりました。このマンション自体が対策を講じているかどうかをよく確認することが最優先です。住まいや建物はまず、基礎、構造から始まります。地道な日常の生活をする舞台です。それは、戸建住宅でも、マンションでも揺るぎない事実です。

中古住宅

By admin on 9月 17th, 2010

近くにある住宅街で中古住宅が売りに出ていたので見に行ってみた。

築25年だという。

かなり使い込んだ家だという印象だった。

買い手がついたらリフォームをかけるんだというんだけど、このままでは売れないだろう、っていうのが正直な感想だった。

でも、売主としては売れると決まらなかったら余計なお金はかけられない。

そういうもんだよね。

私もそう思うもん。

今、新築の家でも中古住宅でも買って引っ越しをしてからあのマンションを売りに出したとする。

中古マンションはそのままでは売りにくいからということでリフォームをする。

そしてお金をかけたのに買い手がつかないとか思った値段で売れないとか言うことになったらどうするの?

って思ってるんだけどどうかな?

だけど、見に行った中古住宅はこのままじゃ売れないと思う。

売主さんの気持ちはわかる。

でも、買主の立場に立ったらきっとみんなこのままでは買わないか、値交渉すると思う。

それだったら予算の範囲でリフォームをして、その分を上乗せした金額を提示して売ったほうがいいんじゃないかと思う。

ということは・・・?

うちも同じなんだよね。

それに、今まで買い手がついてから新しい家を探そうと思っていたけど、中古住宅ならそれでいいかもしれない。

でも、新築の住宅にしようと思ったらそうはいかない。

建築期間が数ヶ月はかかるだろう。

そうか、それならこちらはこちらで家造りに動かなければ。

とういうことに、今頃気がついた。

気がついてよかった。

作戦、練り直し!

だるまさんがころんだ

By admin on 3月 18th, 2010

小さいときに大好きだったあそび、だるまさんがころんだ。

姉とは年が離れていたので小さかったころはいつも私に合わせて遊んでくれていた。

トランプも、ボードゲームも何でもたいていのものは一緒にできたけど、かくれんぼや鬼ごっこなどの外遊び系はハンデがありすぎて、なかなかできなかったけどその中で一緒に遊べて楽しかった大好きな遊び、「だるまさんがころんだ」

私が鬼になってもハンデをつけなくてもあまりリスクはなくて、対等に遊べたから面白かったし嬉しかったのを覚えてる。

実家は敷地が結構ひろくて庭で遊ぶことができた。姉と花を摘んだり、父と畑の芋を収穫したり、母を手伝って草をとったりといろいろたのしかった思い出がある。

やっぱり家は一戸建てがいいなあと思うときは必ずと言っていいほど子供の頃に遊んだ「達磨さんがころんだ」を懐かしく思い出している。

両親もまだ元気。

姉は実家の近くに住んでいる。

わたしだけちょっと離れたところにいるけれど実家まで車で20分くらいのところに住んでいるからそんなに遠くはない。

姉のところのだんなさんは単身赴任中なので姉はよく実家にいるようだけど。

実家はそんなに大きくはないけれど、姉の子供はもう立派な成人で独立しているので姉は義兄の単身赴任を結構楽しんでいるみたい。

ちょっとうらやましい気もする。私もいつかそうなれるかも・・・、と思ったけど、うちのだんなには単身赴任はなさそう。

その代わり、子供たちが独立するまで家族仲良く暮らそうね!

散歩中

By admin on 2月 17th, 2010

今の季節、いい香りのする花がたくさん咲いています。

散歩をしているとあちこちからスイセンやジンチョウゲの香りが漂ってきます。

ウメもたくさん咲いたので今年はたくさん実が取れるといいなあと思いながら人の家の梅の木を見上げています。

私は花やハーブが大好きで、人の家の庭を覗いてはいいなあとうらやましく思っています。

先日、自宅マンションのベランダから外を見ていたら梅の花が満開の木を見つけました。

周りの木よりは少し早い満開な気がします。

そばに行ったらきっといい香りがするのでしょうが、どこかのお家の敷地の中のようでちょっと残念でした。

この季節が一番香りのいい花が咲いているような気がします。

歩いていてもあちらこちらからとてもいい香りがしてきて楽しくなってきます。

もともと花が好きなことと鼻がよかったこととで毎年この季節はとても楽しみです。

だけど本当は寒いのが嫌いだからできることなら家の中に居たいと本当は思っています。でも、楽しみがあると出かけるのも楽しくなるのでとてもありがたいです。

長男が3歳の頃、いい香りのする花を匂いを嗅がせて教えました。

そんなある日、散歩中のこと。

息子が銀行の花壇に植えられたパンジーの花のにおいをかいで大きな声で「いい匂いがする!」と叫んだのです。

パンジーは香りのする花ではないので私は恥ずかしくて、そんなことないでしょ、といいそうになりました。

と、隣にいた私の姉がパンジーのにおいをかいで「本当だね。」と言ってくれました。

私は否定しなくてよかった、と思いました。

小さいときの感性って大切にしないといけませんよね。

姉が間に入ってくれて本当によかったと思います。

ずっとあのままの感性で育って欲しいと思った出来事でした。