建売住宅について

By admin on 6月 13th, 2016

住宅を購入しようと考えている人の中には、建売住宅を購入しようか注文住宅にしようか迷う人は意外と多いと思います。注文住宅は、間取りや内装、外装、建材や建築工法など様々なことが建築主の希望にそって建てることができます。自由度の高い住宅というのが一番の魅力です。

我が家は家を建てるなら注文住宅で建てることしか考えていなかったのですが、周りには建売住宅を購入した人も結構多いです。建売住宅の魅力について聞いてみると、一番は価格の安さと誰もが口を揃えて言います。販売価格は、建物自体と土地の代金が含まれています。金額が明確なので予算化しやすいという魅力があるのです。また建売住宅はすでに建物が完成している場合が多く、実際の建物を見学することができるのも大きな魅力と言います。

注文住宅ではカタログやサンプルで決めることが多く、完成してみると思っていたのと違うということもしばしばあります。建売住宅ならこのようなことがないのです。間取りを確認できるのはもちろん、日当たり状況や、外からの騒音なども実際に体験できるのは大きなメリットなのです。

また建売住宅は、建築確認申請など時間がかかる手続きも簡略化できるので、最短であれば1~2か月ほどで入居することができるのも嬉しいものです。注文住宅であれば、土地が見つかって建築会社を決めてから、間取りを決めたり、細やかな仕様を決めなければいけません。全体で半年ほどの工期が必要になるのです。注文住宅と建売住宅を比較すると違いも多く、どちらが適しているかはライフスタイルや家族構成に合わせて選ぶといいのかもしれません。