玄関に欠かせないシューズクローク

玄関は家族が毎日行き来をする場所です。また家に来たお客様が一番最初に足を踏み入れる場所でもあるだけに、スッキリと快適性の高い玄関を維持したいものです。しかし現実には、脱いだままの靴があったり、外で使用した子どものおもちゃやスポーツ用具などが置きっぱなしになっているものです。靴や物で溢れた玄関は決して快適性の高い玄関とは言えません。

玄関に靴や物が散らからないように最近では玄関横にシューズクロークが設けられるのが主流となっています。ここには靴や傘を収納するだけでなく、土間収納スペースも充実させ、子どもの三輪車や自転車、ベビーカーに旦那さんの趣味のゴルフ用品など大きさのあるものまできちんと整理できるシューズクロークが人気となっているのです。このように収納力に充実したシューズクロークがあることで、玄関に靴箱さえも必要がなくなり、靴や物も散らからないようになるのです。スッキリと広々とした印象の玄関となるのです。

我が家は、よりこのシューズクロークを充実させるために、シューズクロークから室内へ行き来ができる動線を確保しました。玄関を入って、シューズクロークに外で使用した物を片付け、履いていた靴をしまい、そのまま室内へ入ることができるのです。シューズクロークからスムーズに室内へ入れるように動線を確保したことで、より玄関には靴や物が散らかりにくくなったのです。

また、子ども達も自分の使った物や靴を管理する習慣が身に付いてきたので行き来のスムーズさの大切さを実感しました。玄関の快適性の高めるにはシューズクロークの存在が重要なのです。

Tags:

Comments are closed.