クローゼットの整理 

衣類の収納で多い悩みは、服が多すぎて収納が足りない、収納の中が一杯なのに今日着る服が見つからない、などです。解決するために、たくさんありすぎる服の数を整理して、クローゼットスッキリ計画を進めましょう。

衣替えは、次のシーズンに着る服を入れ替える作業だけではありません。衣替えは、手持ちの服を見直すチャンスです。今シーズンに着た服、つまり現役で活躍している服を見直すところから始めれば、いずれは全部の洋服を見直すことになります。

普段使う衣服は引き出しに、シーズンオフのものは衣装ケースにしまっているなら、引き出しにしまうものと、衣装ケースにしまうものを入れ替えるのが衣替えになりますが、狭いクローゼットの中で作業するのではなく、一度引き出しごと広い場所に出して見ましょう。クローゼットという空間でみているよりも違った発見があります。

シーズン前に衣替えをした際には、着るつもり満々だったのに、結局一度も着なかった服があります。全部出してみたら、良く着た服、着なかった服が良く分かります。色や形が古臭かった、サイズが合わなかった、色あせやほつれがあったなど理由を考えると、残しておくかどうかの判断ができます。迷う服は、一度袖を通してみると良いかもしれません。実際に着て、鏡の前に立つと、理由が納得できます。明るい場所に出すと、経年劣化も良く分かります。

どうしても判断できない服は、別に保留として分け、次の衣替えの時に再検討します。時間が立つことで気持ちが変化し、簡単に必要ないと判断できる事もあります。

Tags:

Comments are closed.