小屋裏収納

天井下に生まれるデッドスペースを利用して小屋裏収納を設ける家庭も多いです。この小屋裏収納は、下階のスペースを狭めることなく大きな収納スペースを確保できるというとても魅力的なスペースであることを忘れてはいけません。二階の1/2未満のスペースであることと、天井高1.4m以下であれば床面積に含まれず2階建て住宅として設計できるため、このスペースを無駄にしないようにしましょう。

ここに収納する物は、日々使用する物ではなくワンシーズンだけ使用する雛人形や兜、鯉のぼりやクリスマスツリー、扇風機やファンヒーターなどの電化製品など収納しておくには最適です。また、アルバムや賞状、トロフィーなどの思い出の品や捨てられない品などを整理するにもいいと思います。多趣味で趣味道具などもたくさんあるという家庭では趣味道具を片付けておくにも最適です。普段使わない物を一か所にまとめて整理できる小屋裏収納を設けておけば、居住スペースに物が散らかりにくく、収納場所に困るようなことも避けられ収納への不満も軽減することと思います。

一つ気をつけておきたいのが、この小屋裏収納への行き来の手段です。ハシゴで行き来をするという家庭も多いですが、安全性や物の出し入れのしやすさを考えると固定階段がいいと思います。これなら行き来のしやすさを確保でき、ハシゴに比べ安全に移動できますし、物の出し入れもスムーズに行いやすくなります。高齢になった時でも利用しやすいのです。固定階段で行き来できる小屋裏収納を設け、収納への満足度を高めましょう。

Tags:

Comments are closed.