外構

建物が完成すると次に行われるのが外構工事です。家造りにおいて一番最後に行われる部分であるだけに、十分な予算が充てられなかったり、しっかり計画を行わなかったりすることが多いです。しかし、どんなに立派な建物が完成しても、外構工事がきちんと施されていないと住宅の完成度が下がってしまいますし、住まいの安全性や防犯性も損なわれてしまうのです。家造りは外構工事までという考えをしっかりと持って進めていきましょう。

特に玄関の門周りは、門扉、ポスト、インターホンに表札など機能がたくさん詰まった場所です。使いやすさや安全性に配慮して利用しやすく、そして安心できる空間にしたいものです。ポストの設置場所は、雨に濡れずに郵便物を取りに行ける方が便利ですし、取り出しやすい高さにも配慮しておきましょう。

そして、門の幅は、自転車と一緒の場合でもスムーズに行き来ができる方がいいですし、ベビーカーや車イスでも行き来のしやすさが得られるようにしておきたいものです。買い物からの帰宅時は両手に荷物を下げることもあるだけに、荷物が多い場合でもスムーズに通れる幅が理想的です。駐車スペースだけでなく、家族の台数分の駐輪スペースも確保しておく必要がありますし、インターホンには来客者の顔がカメラに写る位置に設置しておかなければ意味がありません。

庭は、プライベートな空間になるように気になる視線を緩やかに遮りながらも、侵入者が潜みにくくなるように見通しの良さも確保しておく必要があります。外構工事までしっかりと行い住まいの満足度を高めましょう。

Tags:

Comments are closed.