お客様をおもてなしするニッチ

By admin on 1月 29th, 2016

ニッチを住宅に設ける家庭が非常に増えてきました。ニッチは壁の厚みを利用して飾り棚を設けたり、収納できるスペースを設けることを言います。壁の厚みを利用するので空間的に余裕のある場所はもちろんのこと、空間的に余裕がない場所でも設けることができるのです。我が家の新築住宅にも積極的に設けようと思っています。

先日新築住宅が完成した友人宅へ遊びに行きました。そこにはお客様をおもてなしするニッチが玄関部分に設けられていました。床から天井にまで広がる縦長のニッチが設けられており、上部と下部には2段づつの飾り棚としてのニッチが設けられていました。そのニッチの中央部分はお客様用のスリッパラックとしてスリッパを収納していました。生活感を感じるスリッパが目に入らないようにこの部分にはミラー扉が設けられていました。扉でスリッパラックを隠すことで生活感を感じさせませんし、使用頻度の低いお客様用のスリッパがホコリを被ることもなくなります。ここの扉をミラー扉にしたことで、お出かけ前の身だしなみチェックが行えて便利さも高まります。

飾り棚としての機能と、収納スペースとしての機能の両面を兼ね合わせたニッチは素敵だなと思いました。玄関に入ってすぐ目を引きますし、飾り棚に飾っている雑貨や花が玄関のアクセントとなり空間をオシャレに演出します。ミラー扉が家族にとってもお客様にとっても便利なミラーとして機能してくれます。壁の厚みを有効活用させこのように充実したニッチを作りたいものです。