中古住宅

By admin on 9月 17th, 2010

近くにある住宅街で中古住宅が売りに出ていたので見に行ってみた。

築25年だという。

かなり使い込んだ家だという印象だった。

買い手がついたらリフォームをかけるんだというんだけど、このままでは売れないだろう、っていうのが正直な感想だった。

でも、売主としては売れると決まらなかったら余計なお金はかけられない。

そういうもんだよね。

私もそう思うもん。

今、新築の家でも中古住宅でも買って引っ越しをしてからあのマンションを売りに出したとする。

中古マンションはそのままでは売りにくいからということでリフォームをする。

そしてお金をかけたのに買い手がつかないとか思った値段で売れないとか言うことになったらどうするの?

って思ってるんだけどどうかな?

だけど、見に行った中古住宅はこのままじゃ売れないと思う。

売主さんの気持ちはわかる。

でも、買主の立場に立ったらきっとみんなこのままでは買わないか、値交渉すると思う。

それだったら予算の範囲でリフォームをして、その分を上乗せした金額を提示して売ったほうがいいんじゃないかと思う。

ということは・・・?

うちも同じなんだよね。

それに、今まで買い手がついてから新しい家を探そうと思っていたけど、中古住宅ならそれでいいかもしれない。

でも、新築の住宅にしようと思ったらそうはいかない。

建築期間が数ヶ月はかかるだろう。

そうか、それならこちらはこちらで家造りに動かなければ。

とういうことに、今頃気がついた。

気がついてよかった。

作戦、練り直し!