住宅購入のタイミング

By admin on 8月 30th, 2014

2014年4月から消費税5%から8%へ上がりました。
また2015年10月には10%になる予定です。
私の友人の多くは消費税が5%から8%へと上がる前に住宅を購入しました。我が家も増税前に住宅購入を検討していましたが結局決断には至らず今も賃貸住宅で暮らしています。
しかし消費税が10%になるまでには住宅を購入しておいた方が得なのではないかと思い始め、再び住宅購入へ向け前向きに話を始めているところです。

しかしながらどのタイミングで住宅を購入すればいいのか我が家同様迷っている人も多いと思います。住宅を購入する際には諸費用にも消費税がかかります。住宅ローンの事務手数料にも負担がかかります。また新居で使う家具や家電にも消費税の負担はのしかかってきます。
しかし住宅ローン金利そのものや、保証料、火災保険料や地震保険料などには消費税はかかりません。消費税が上がることで負担が増える分と変わらないものがあるのでこれらを確認しておくことも大切だと思います。
住宅ローン控除額が26年4月から変わりました。最大20万円から40万円へと拡大されるようなったので、この制度を利用することで負担額が小さくなることもあるのです。

他には住宅購入者の負担を軽減するためにすまい給付金という制度も導入されています。すまい給付金を受け取るには収入や住宅物件の要件を満たさなければいけません。しかし現金を支給してくれるこのすまい給付金があるのとないのでは住宅購入への意欲も変わってくると私は思います。
給付金額は消費税率8%の時最大30万円、10%の時50万円と予定されています。これらのことを考えベストなタイミングで家を購入したいものです。

リーマン予想

By admin on 1月 13th, 2013

  考えているAさん、微分積分というのがありますが考えた人は天才だと思います。

例えば曲線のグラフがあるとしますこれは連続した一本の線ですが微積での考え方としては一瞬一瞬の傾きの集合が一本の線になっているというような考え方になるようです。

微積が少し出来ると徳利のような物の表面積を計算したり体積を計算したりとなかなか面白いのです。

ロガリズムやシグマなど色々数学の中にもありますがやはり微分積分が面白いようです。・・・数学が得意なんですよねAさん!

さて友人のBさんが遊びに来ておりますがAさんに相談しているようです。

Bさんはアパート住まいの会社員なのですがそろそろ不動産の購入をしたいと考えており大分の中古住宅にしようとは思うのですがどうやって物件を決めたら良いか見当がつかないと言うのです。

さてAさんは「素人だから自分だったらこうするしか言えないけど」さてその案は・・・

まず住んだままの物件は避けます、屋内をしっかり見る事が出来なくてはとても購入する気にならないそうで空家である事が第一条件だそうで、さらにリフォームしていない物件にするそうなんです。要するに気に入る物件が見つかったら専門家に屋根、外壁、天井裏、床下など調査出来るところは全て調査してもらいます、そしてリフォームは自分の好みで行った方が満足できそうですし下手に綺麗に見せようと行ったリフォームなどいらないと言う訳なのです。

この物件で良い、まで来たら価格交渉をしますがAさんは新築する場合は値切るつもりは無いそうですが既に建っている物件を購入する場合はさんざんケチをつけて死ぬほど値切った方が良いと言うのです。

間取りを見たり庭を綺麗にしていたか勿論よく見れば建物を大切にしていたか分かるでしょうし色々チェックしながらケチをつける材料探しもきちんとしたほうが良いと言うのでした。

不動産探しのイメージがだんだん出来て来たBさんでした。

さて昔、ある数学者のCさんが子供の頃学校で教師が1から100まで順番に足しなさいと問題をだし小休憩をしようとしましたがすぐC君が答えを出しましたが皆さんはもう出来ましたか?

そうです答えは5050ですが計算方法は上段に1から100そして下段に100から1、上段と下段を足すと全て101が100列、という事は10100になりこれを2で割れば5050になるという事でした。さて皆さん、中古物件の購入には瑕疵という問題があると思います、一番大切なのは不良物件をどこまで見極められるかだと思うのですがいかがでしょうか?